スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!退院!!

11月30日に、脊柱側弯症の手術を受けたねぇねが帰って来ました

ねぇねが小学5年生の時に、学校の内科検診で発見された脊柱側弯症。
どんな病気か、ちょっとだけ説明させて頂きますね。

脊柱側弯症とは?
(側弯症にもいろいろありまして、ねぇね突発性特発性脊柱側弯症でした)

脊柱が横に10度以上ねじれながら、弯曲する病気です。
発症は、100人に1人くらいで、1000人に1人以下が、手術が必要になります。
特に女の子に多くみられ、原因は不明。

側弯症の中には、ある程度で、曲がりが止まるものもあるそうですが、
だいたい曲がり具合が35度を超えると、進行が止まる事はないそうです。

ねぇねも、成長と共に、40度以上になってしまいました。
実際に、背中や腰に痛みも出てきていたようですし、さらに進行してしまうと、
手術をする際にリスクが高くなると言われたので、手術に踏み切りました。
 ねぇねの進行状況から見ると
奇跡でもおこらない限り、進行は止まらないそうです

もし、手術をしないとどうなるか…?

進行すると胸椎変形により、肺・心臓への負担がかかり、日常生活に支障が出て、
合併症を引き起こし場合によると、死亡してしまうこともあるそうです。
(側弯症が直接の原因で、亡くなる事はないそうです)

よく、整体やカイロで治ると言う話を聞きましたが、それは一時的なものだそうで、
時間が経つと、もとの曲がった状態になってしまいます。

一時的にも改善されることはなく、悪化することもあるそうです。


個人差もありますが、ねぇねのような成長途中で、
まだ柔らかい骨に施術をした直後は、真っ直ぐになる事もあるようなので
改善されたと錯覚してしまうケースがあるようです。でも、それは間違いで、
決して、改善されているのではなく、むしろ、悪化していることもあるそうです。
厚生労働省のHPを見ても、推奨されていません。
(実際に、改善したと勘違いしてしまい、訴訟に発展するケースがあるそうです。)

私の認識の甘さ、説明不足、書き方が悪く、誤解を招いていたようです。
訂正して、お詫びいたします。申し訳ありませんでした。



手術後のねぇねの背中のキズを、ブログにアップしようと思いましたが、
主人に強く反対されましたので(笑)レントゲンの写真を載せさせて頂きますね。

befor
L04A0037_20111213200553.jpg
「50」と書かれているので、50度まで弯曲が進んでいたようです
特に、自覚症状はなかったのですが、症状が出てから手術をしても
改善しない可能性があるそうです。その上、弯曲度が強くなると、
手術の難易度・危険度も増します。

この、曲がった背骨が、7時間もの大手術で…

after
L04A0038_20111213200553.jpg
先生、良い仕事してらっしゃるっ
背骨にインプラント(チタン)を埋め込んでるので、
ねぇねは、金属探知機に反応する可能性があるみたいです
飛行機に乗る時、大変だろうなぁ…。

このインプラントが、移植したねぇねの背骨と一体化するまで、約1年。
その間、ジェットコースターや、激しい運動はNGになりました
もちろん、今後1年間は学校の体育の授業も、見学することになります。
あぁ…ただでさえ、体育の成績が良くないのに…
部活も運動部だったんですが、マネージャーをする事になりました

予定では、手術後3週間の入院だったんですが、
先生も驚く程の驚異的な回復力で、1週間も短縮(笑)
晴れて、本日退院する事になりました~
曲がっていた背骨が、真っ直ぐになって、ねぇねの身長は2cm程伸びました
もうすぐ、追い越されるだろうな…

若いって素晴らしい若いって素敵

鳥友さん達からも、ねぇねのお見舞いに…と、嬉しいお届け物がありました

キャンさん、ありがとうございました
L04A0086_20111205012348.jpg

ダルダル朔ちゃん&ぐりちゃん
L04A0087_20111205012348.jpg

豆によだれを垂らすマメちゃん(笑)食いしん坊のマリンみたいです
L04A0085_20111205012348.jpg

も~、これはツボですっまるでアクア&プラム~っ
ブルーの子は♀なんでしょうが、アクアにしか見えませんっ
L04A0088_20111205012358.jpg
ホントに、可愛らしい…ねぇねに渡すの、もったいないわ~(笑)

そして、ジェミーさん、ありがとうございました
可愛いオカメちゃんのノート
L04A0006_20111207024445.jpg

優しい眼差しのセキセイさん
L04A0007_20111207024445.jpg

病室のねぇねを優しく見守ってくれていました
L04A0008_20111207024445.jpg

病院に来てくれたねぇねのお友達
コナン好きのねぇねに大量のマンガ本と…
可愛いお花をもってきてくれました
L04A0029_20111210000454.jpg

意味深なメッセージを添えて…(笑)
L04A0030_20111210000454.jpg

そして、お見舞いにプリンを持って来てくれた、ねぇねの彼氏(?)&そのお友達
お見舞い第1号が、男の子の団体様だったので、看護師さん達からも
「人気あるのね~」と言われ、舞い上がっちゃいましたわ私が…(笑)

ねぇねが赤ちゃんの時から、我が子のように可愛がってくれている私の友達から…
ドラえもん(笑)
L04A0026_20111214162936.jpg
友人の中のねぇねは、いつまで~も小さくて、成長しないみたいです(笑)
貯金箱とメッセージボードを兼ねたドラえもんの中には、
秘密道具…ではなく、たくさんのお菓子が入っておりました(笑)

それから、ねぇねと私に、励ましのメールやメッセージを下さった方々…

本当に本当に、ありがとうございました



ココからは、ちょと毒吐きますので、追記にしておきます(笑)



毒吐きます…(笑)


ねぇねが入院していた病院の看護師さん達…全員ではないんですが、
物忘れ激し過ぎ~

さかのぼる事、貯血&検査入院の時…

必要な検査をしていなかったっと言う痛恨のミスから始まり…
その次は、書類製作忘れ…

オイオイ…この病院大丈夫なんかいな…?と一抹の不安を抱きながらも、
手術の日を迎えました。

そして、手術後…(ここからの方が、ひどかったっ

まず、ねぇねの痛みを和らげるために、「座薬を使いましょうね」と言う看護師。
今か今か…と座薬を待ちわびていたねぇね
そのまま、痛みに耐えながらウトウトしてしまい、結局朝を迎えてしまった…
と言う事がありました。ナースコールすれば良かったんですが、
どうも遠慮深い性格のようで…

その他にも、寝たきりのねぇねの身体を、拭きを忘れられてたり、
初めてのリハビリも、忘れられていたり…
「肩が痛いので、湿布を下さい」と言ったのに、夕方に持ってきたり…

聞きたい事があったので、看護師さんに質問すると、「確認してきます~」

…戻って来ない…

違う看護師さんが、他の用事で来たので、また同じ質問をしてみると…
「確認してきま~す」………またまた、戻って来ない

ナースコールを押して、看護師さんを呼んでから、またまたまた同じ質問。
「確認してきます~」…

いったい何回確認せな分からんのじゃ~っ
…おっと、失礼しました

それからそれから、極めつけは、忘れ物じゃないんですが、

ねぇねの病室に、男の人が泊った事が許せなくて…

4人部屋に入っていたんですが、その日は朝から1人でして、個室状態でした
仲良しになった同室のMちゃんは、手術後でICUに入っていたんです。

その日のお昼過ぎに、後から入院してきた小学生(男の子)がいたんですが、
その子の両親が夜まで付き添ってて、そのまま泊っちゃったんです。
患者さんは男の子でも、付き添いがママだと、ねぇねの病室に泊るのはOK
でも、パパさんが付き添って泊っちゃうのはルール違反ですっ
おまけに、付き添いは1人だけって決まってるし…

この子のご両親も、確信犯だったようです
カーテン越しに聞こえてきた会話が「看護師にはバレてないな」だったそうです
バレないってことは、夜中の見回りしてないって事ですよねっ

お見舞いだけなら、もちろんOKですよ~

その日の夜、ねぇねは見知らぬおじさんと、同じ部屋で一緒に寝る事になり、
不安だったんでしょうね…ず~っとメールをして来ていました

看護師さんに伝えたくても、ねぇねは動けなくて…
ナースコールを押したとしても、告げ口がすぐにばれちゃう…と思って、
これからも同じ病室だし、波風を立てないように…と、我慢して眠ったそうです

翌日の朝一で、ICUから戻って来たMちゃんのママが、
看護師に言ってくれたそうです
Mちゃんは1つ年上で、ねぇねと同じ手術をした、とてもしっかりしたお嬢さんです

細かい事を言えばキリがないんですが、思い出した出来事だけを記してみました。
ねぇねだけこんな仕打ちをうけてるの…?と思っていたんですが、
同室のMちゃんも、同じような事が多々あったそうですよ。

いつか医療ミスが起こるぞ…と思いながら、本日退院して参りました~
残されたMちゃんが心配…

忙しいのは分かります
大変なお仕事なのは、重々承知ですっ

でも、もっと責任感と緊張感をもって、患者さん達に接して欲しいなぁ…と
強く思ったのでありました。



スポンサーサイト

おめでとうございます

背骨がしゃーんとなってますね
通常でも背骨がゆがんであちこち不調をきたすというのに・・・
ねぇねちゃん大変な手術を受けましたけど
若いうちにやっといてよかったと思いますよ
回復も驚異的だしーー。
しばらく思うように動けないし痛いかもしれないけど
たくさんのお友達と彼氏♪も見守ってくれてるし
安心ですね。

それにしても病院ひどすぎーーー
医者の腕はいいのかもしれないけど・・
人手不足なのかなぁ。。。大変な仕事だからこそ
きちんとやってもらわないと、
ちょっとのミスが命にかかわる危険性があるだけに怖いですね。

ラブラブマメルリハのイラスト笑いましたよっ
まさにっですね!!!
すばらしきBLライフ~

No title

ねぇねちゃん、退院おめでとうございますv-238
レントゲン写真のビフォーアフターを見てびっくりです!
あんな風に曲がっていたなんて!!
でも綺麗にまっすぐに治って本当に良かったですね。
わたしなんて逆子だったせいか?背骨が産まれた時から若干曲がっていて未だにそのまんまなので、今だったらねぇねちゃんの方がまっすぐですよ。

病院、ひどいですね~~
「知らないおじさんと一夜」、
怖いですよね~~、ねぇねちゃん、どんなにこわかったか!
看護士さんの見回りもちゃんとしていない証拠ですよね。

手術は成功しているので先生の腕は確かなのでしょうけど、
看護士不足なのでしょうか?1人のスタッフの仕事が多過ぎるので物忘れやミスが多発しているのかもしれませんね。
命を預かる病院では人不足等の言い訳は聞きませんから
どうにか改善して欲しい物です。

No title

e-78まぁこさま

ありがとうございます~e-257手術する年齢が、若ければ若い程、回復は早いみたいですねe-287同室だった小学生の子も、ねぇねよりも早い時期に、歩き始めていましたから…。まだ、痛い痛いと言って、学校もお休みしている状態で、ソファでゴロゴロしている姿を見ると、ちょっとイラっと来てしまいますがe-351、「大手術をしたんだから、まだ仕方ないな…」と、自分に言い聞かせています(笑)
全ての看護師さんが、そうではなかったのですが、ベテランの看護師さんに物忘れが多かったような気がします。慣れてしまって、気が緩んでるんでしょうか?年齢のせいでしょうか…?看護師さんは、何人も同じ手術をした患者さんを診てるんでしょうが、こちらは初めての事なので、「看護師さんってこんなんなの~?」ってちょっと驚いてしまいましたe-351
ラブラブマメルリハ、かわゆいでしょ~e-266このポストカードを見ていると、BLライフもいいなe-343って思えちゃいますe-446

e-78はぎ妻さま

ありがとうございます~e-343見事に真っ直ぐになりました(笑)手術後のレントゲン写真を見たねぇねが、「わたしが死んで火葬されたら、残るのは骨とインプラントやわ…」とつぶやいていました(笑)縁起でもない事を…っe-330
看護師さんに文句を言いたくても、ねぇねを預けてるので、「夜中に変な注射されたらどうしよう…e-263」と考えると、何も言えませんでしたe-442まるで人質…(笑)看護師不足、確かにあるみたいですね。スタッフステーションの前を通ると、誰もいない事が多々ありました。ねぇねのお世話をしてもらっている間も、常に呼び出しのPHSが、ブルブル振動してましたから…v-6大変なお仕事だとは思いますが、大きなミスをする前に、改善してもらいたいですね。
ちなみに、そのまま帰るのは悔しかったので、退院の日に今まで思いを全て、主人が冷静にぶちまけて帰って来ましたけど…(爆)

No title

ねぇねちゃん 早期退院おめでとうございますv-363
背骨の写真 拝見してこの病気の事がよく理解出来ました
こんなにもくねっと曲がっちゃうとは驚きでした
ほんと大変だったんだなあって・・

部活、辞めちゃうことなくマネージャーとして頑張られるのですね
エライエライv-425 まあ仲良くなった部活友達と別れるのも寂しいもんね

お菓子が詰まったドラえもんのお見舞いを下さったお友達 
ナイスですね~v-426 


そして瑠璃ちゃんの2歳のお誕生日もおめでとうございますv-290
琥珀ちゃんととっても仲良しになってママの入る余地が・・?
琥珀ちゃんの象顔インコ 凄えっ  うちもいつか象顔カメラに収めてみたいです

No title

e-78キャンさま

ありがとうございます~e-257若いって素晴らしいですね~e-343何が原因で、こんな風に曲がってしまうのかは、まだまだ研究中のようですが、もっと医学が進んで、ねぇねのような子が減って欲しいなぁと思います。
部活のマネージャーになれるのは、ありがたいお話ですが、まだ座りっぱなしや、立ちっぱなしが辛いようなので、他の部員に迷惑がかかってしまうのではないか?と、ちょっと不安に思っているようですね。3か月間は運動全般は全て禁止で、体操座りや自転車もダメなので、今は日常生活がとても不便に感じているようです。日にち薬なので、焦る事はないんですけどね~e-351
袋の中に入っていたドラえもんを見た時、思わず笑ってしまいましたe-343ねぇねも複雑な表情でしたよ~(笑)
瑠璃ちゃんへのお祝いのお言葉、ありがとうございますe-446奥手の瑠璃ちゃんが、最近になってやっと色気づいて来ましたe-263少し寂しいような気がしますが、嬉しい事ですよねe-266象顔インコ、密かなブーム…?(笑)私は、朔ちゃんのダルダルポーズをしてもらいたいですe-415

No title

ねぇねの退院、おめでとうございます。

ところで気になっているのがねぇねの手術跡です。

100均で小さめのプラスチックの瓶を買ってきて、
ソフトコンタクトに使う精製水とラベンダーのエッセンシャルオイルを買って、 精製水の中に5滴ほどオイルを入れて、よく振って、それを傷跡に塗ってあげてください。
ラベンダーには皮膚の再生を促す作用があります。
私はこのお水でやけどしたところを治しました。

エッセンシャルオイルは『生活の木』というお店で買うといいですよ。

このお水は冷蔵庫で保存して、使うたびによく振ってください。

No title

e-78ノアさま

いつもいつも、ねぇねへのご心配と、アドバイスをありがとうございます。本当に嬉しいですe-420
背中の手術跡ですが、約40cmくらい残っています。本人は見えないと言う事もあり、さほど気にしていないようですが、やっぱり気になりますよね…。今はまだ溶ける糸がはいっているそうなんですが、来月の健診の時に、傷が目立たなくなるテープのお話をしてくれるそうです。そのテープを使いながら、ノアさんが教えて下さったラベンダーのオイルを使えるのでしたら、是非是非試してあげたいと思いますe-454火傷にも効くのでしたら、冷蔵庫に常備しておくのも良いですねe-287「生活の木」は、時々行くお店なので、今度行った時にラベンダーを入手しようと思います。本当に為になる情報を教えて下さいまして、ありがとうございましたe-2

No title

傷跡が40センチもあるのか。
女の子だから、早く傷を治してあげたいよね~

No title

e-78ノアさま

お返事遅くなってしまい、申し訳ありませんっe-330
そうなんです、40cmくらいの傷なので、ほぼ背中全体に残っています。将来、背中の開いた洋服や、水着になると絶対に見えてしまう場所なので、出来る限り薄くなって欲しいですね。ありとあらゆる方法を、根気良く試してみたいと思いますe-287

No title

通りすがりの側彎症患者です。
ただの通りすがりなのであまり気になさらないでください。

どうしても気になったので、コメントさせていただきます。
失礼は承知ですので、無視していただいても削除していただいても構いません。
幾つか指摘したいことが御座います。
まず病名ですが、突発性ではなく特発性です。
医学的に、突発性とは突然、特発性とは原因不明という意味です。
御確認ください。
次に、非常に細かいことですが、構築性の側彎症は20度以上になります。
確かに10度以上になると機能性側彎症となりますが、これは病気ではありませんから、通常側彎症と言う場合には20度以上の構築性側彎症を指すことになります。
更に、側彎症は通常は骨の成長が完了すれば進行は止まります。
確かに中度以上の側彎症は骨の成長が完了しても止まらない場合もあります。
高度の側彎症では止まらない場合の方が多いです。
しかし、骨の成長が完了するまでに比べかなり進行は緩やかになります。
数年に1度以下のスピードでしか進行しないことが殆どです。
また、側彎症が直接の原因では死亡しません。
それから、整体では一時的にすら改善しません。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/hourei/061115-1a.html
厚生労働省HPより民間療法に関してです。
きちんと確認していただいて、側彎症の説明を訂正していただけたら一側彎症患者として嬉しく思います。

最後に、傷跡がどうしても気になようでしたら形成外科にて御相談なさると良いと思います。

No title

e-78通りすがりさま

色々とご指摘をして頂きましてありがとうございます。

>突発性ではなく特発性です

すみません。勘違いをして、書き間違えていただけでした。通りすがりさんの仰る通り、『特発性』ですね。書き直しておきます。

「構築性」と「機能性」の違いについてですが…
うちの子の場合は、50度以上なので「構築性」なんですね。
主治医からは、(うちの子の場合)「進行は止まらないでしょう」と言われていました。
すでに50度を超えていたので、それ以上側わんが進んでしまうと、「手術をする際、リスクが大きくなる」と説明を受けたので、成長を待たずに手術に踏み切りました。すでに、腰や背中に痛みも出て来ていたようですし…。

>また、側彎症が直接の原因では死亡しません。

将来的に、側弯が進むと、心臓や肺が圧迫されて、重大な合併症を引き起こされて、最悪の場合、亡くなる可能性もあると言う説明を受けました。説明不足でした。すみません。

>整体では一時的にすら改善しません

うちの子のような、まだ成長途中で、骨が柔らかい子は、整体を受けた直後は背骨が真っ直ぐになるので、治ったと勘違いをするそうです。うちの子は、整体は受けていないですが、コルセットを外した直後は、ほぼ真っ直ぐになっていたので、「勘違いするのも分かるなぁ~」と感心していました。でも、時間が経つと、元に戻っていました。
個人差はあるようですが…短時間でも真っ直ぐになり、時間が経つと、また曲がってしまうと言う意味で、「一時的」と書かせて頂きました。
誤解を招いてしまい、申し訳ありません。

傷跡の事ですが、親が気にしているだけで、本人はさほど気になっていないようです。場所的に、見えないから…と言うのもあるのでしょうね。でも、将来的な事も考えて、出来るだけの事はしてあげたいと思っています。アドバイス、ありがとうございました。

間違った認識をしていた部分があり、ご気分を害されたことと思います。まだ何か「この人間違ってる!」と思われる事がありましたら、遠慮なく仰って下さい。ご指摘をしていただきまして、感謝しています。

通りすがりさんも、側弯症なんですね…。どうぞ、お大事になさって下さい。

No title

>主治医からは、(うちの子の場合)「進行は止まらないでしょう」と言われていました。
でも、今のペースで進行すると説明を受けましたか?

>それ以上側わんが進んでしまうと、「手術をする際、リスクが大きくなる」と説明を受けたので、成長を待たずに手術に踏み切りました。すでに、腰や背中に痛みも出て来ていたようですし…。
骨の成長が完了していない段階での手術のリスクについては説明を受けましたか?
側彎症と痛みの因果関係に関しての説明も受けましたか?

>将来的に、側弯が進むと、心臓や肺が圧迫されて、重大な合併症を引き起こされて、最悪の場合、亡くなる可能性もあると言う説明を受けました。
これは仰る通り直接的ではありません。
また、これは何度くらいから現れる症状だと説明を受けましたか?

>まだ成長途中で、骨が柔らかい子は、整体を受けた直後は背骨が真っ直ぐになるので、治ったと勘違いをするそうです。
整体など民間療法は、骨の成長が完了していなくて柔らかいからこそ側彎症を悪化させると説明は受けましたか?

minnさんからの御返事をいただいて、恐らく、このような言い方はしたくありませんが、1番悪いのはきちんと説明をしていない医者だと感じました。
唯、それに疑問を持っていないminnさんにも責任はあると思いますけどね…。
私自身、前の病院の主治医が診察中ですら一言二言しか仰らない人でした。
だから自分で調べましたし、その過程でやはり患者自身が誤解を招く様な事を仰っていると非常に憤りを覚えました。
それはminnさんも御理解されていると思いますが、側彎症が誤解されやすい病気だからです。
今は一昔前に比べ、ネットが発達し、側彎症の情報もネット上で簡単に手に入ります。
それ故誤った情報も氾濫していて、自分で情報の取捨選択が必要になってきますが、正しい情報も多いです。
手術も終えられ一段落されたと思いますが、不特定多数の人が閲覧可能なブログ上で側彎症を紹介されているならば、今一度側彎症について正しく御理解されることを望みます。

No title

e-78通りすがりさま

半年以上前の事なので、記憶は曖昧ですが、ご質問に答えさせて頂きますね。

>でも、今のペースで進行すると説明を受けましたか?

今のペースのままとは言われていません。でも、遅かれ早かれ、進行する事には変わりないので、私達が最適だと思った時期に、最適だと思った方法をとりました。

>骨の成長が完了していない段階での手術のリスクについては説明を受けましたか?

説明は受けました。身長の事や、手術後に起こるかもしれない色んなトラブルの事…50年後にはどうなっているのか、分からないと言う事…他にも色々あったと思いますが、主治医の説明には満足しております。リスクもありますが、メリットもあると思い、手術をして頂きました。

>側彎症と痛みの因果関係に関しての説明も受けましたか?

痛みとの因果関係ですが、100%痛みの原因が側わん症かどうかは分からないと言われました。でも、側わんが原因の可能性もありますよね。痛みに関しては、それぞれ個人差があると思いますし、痛い時と痛くない時もあったようです。因果関係があるかどうかは、何とも言えないかと…。その時の私達は、側わんが原因で、背骨の周りの筋肉が刺激されて、痛いのかなぁ?…と言うふうに思っておりました。

>また、これは何度くらいから現れる症状だと説明を受けましたか?

何度くらいから、負担がかかってくるかは聞いていません。娘の50度前後ではまだ大丈夫だと言われましたが、将来的な事を考えて、最善だと思った手段を取りました。

>整体など民間療法は、骨の成長が完了していなくて柔らかいからこそ側彎症を悪化させると説明は受けましたか?

もともと、整体などを受けるつもりはなかったので、そこまで詳しくは掘り下げて聞いていません。「整体やカイロは意味がない」と言われ、「はい、わかりました」と言った感じです。それ以上の説明は求めませんでした。実際にしない事や、無意味だと言われた事を、これ以上聞いたり、調べたりしても無駄だと思いましたので…。

>1番悪いのはきちんと説明をしていない医者だと感じました。
唯、それに疑問を持っていないminnさんにも責任はあると思いますけどね…。

実際、手術も成功していますし、主治医の説明には、娘本人も私達夫婦も満足していますし、現時点では疑問もなく後悔もしていません。


>不特定多数の人が閲覧可能なブログ上で側彎症を紹介されているならば、今一度側彎症について正しく御理解されることを望みます。

私は、通りすがりさんのように、色々な事を自分で調べている訳ではありません。今回の質問にも、半年以上前の、曖昧な記憶を思い出して、答えさせて頂いています。分からない事もたくさんあり、認識も甘いようですが、決して間違った事をブログに載せているとも思っていません。
人それぞれ、症状は違いますし、治療法も違います。私達は、手術をすると言う選択をしましたが、他の方に考えを押しつけるつもりもありません。あくまで、実際にあった、うちの子のケースをブロブの記事にしているだけなので、全ての側わん症の方に当てはまるとは思っていません。参考にする程度にしてもらえれば良いと思っています。

当時、主人が、ネットでも色々調べていたようですが、色んな情報があって、何を信じたら良いのかわからなくなったようです。それで、最終的に主治医を信頼する事にしました。
大切な娘の身体を、実際に診て下さっているのは、私達よりもはるかに知識も経験も豊富な、主治医だけですから、全てをお任せしました。

半年以上前の事ですので、娘本人も私達夫婦も記憶があいまいな状態です。
でも、家族でたくさん話し合って、主治医を信頼して、手術に踏み切り、結果にも大変満足していますし、後悔もしていません。

通りすがりさんの年齢や、どのような症状で、どのような治療をしているのか、全く分かりませんが、良い先生に巡り合って、通りすがりさんがの症状が、少しでも改善されることをお祈りしています。

側わん症について、たくさん教えて下さり、ありがとうございました。
長文になりまして、申し訳ありませんでしたv-436

No title

質問に回答いただきありがとうございます。
1つ間違えないでいただきたいのは、私は決して娘さんの年齢での手術に反対という考えは持っていません。
進行のスピードと角度が一定以上ならば止むを得ないとは思っています。

>今のペースのままとは言われていません。
>説明は受けました。身長の事や、手術後に起こるかもしれない色んなトラブルの事…50年後にはどうなっているのか、分からないと言う事…他にも色々あったと思いますが、主治医の説明には満足しております。
>痛みとの因果関係ですが、100%痛みの原因が側わん症かどうかは分からないと言われました。
これだけ説明を受けていらっしゃるのなら、もう一言ずつ記事の中で説明していただきたかったです。
勿論私はこれらの点に関して理解していますからコメントをさせていただきましたが、このブログは側彎症患者さん以外の方の閲覧が多いですので余計に、もう一言欲しいと思ってコメントさせていただいたのです。
決してminnさんに喧嘩を売るとかそういうのではなく、側彎症を正しく理解してくださる人が一人でも多くなって欲しいので、もう一言が欲しいと感じました。

>何度くらいから、負担がかかってくるかは聞いていません。
これは一般的に60度くらいから現れる症状で、自覚症状が現れるのは100度以上です。

整体等民間療法に関してですが、私はこの点が最も気になってコメントさせていただいたのです。
整体を目の敵にするつもりもありませんし、目の敵にしてもこのブログが荒れてしまってminnさんに御迷惑をお掛けするだけなので止めておきますが。
私が1番最初にコメントした際に厚生労働省HPのURLを貼りましたが、御覧になられましたか?
私は一時的にという点に言及したいのではなく、民間療法は側彎症を悪化し得るということが言いたいのです。(周りくどくて申し訳ありません。)
リンク先を御覧になれば御理解いただけると思います。
一時的にすら治らず、悪化することもあります。

>決して間違った事をブログに載せているとも思っていません。
私は、上記のことが誤っていると感じていますからコメントさせていただいているのです。

>実際、手術も成功していますし、主治医の説明には、娘本人も私達夫婦も満足していますし、現時点では疑問もなく後悔もしていません。
今回の回答で、主治医の先生はきちんと説明されていると感じました。
申し訳ありませんでした。

私は、娘さんとは全く違う側彎症です。
今現在は、良い先生に巡り合えていますから大丈夫です。
それまでが大変だったので、このような書き込みを時たま行ったり、ブログを開設したりはしていますが。

娘さんはそろそろ、運動が許可される頃でしょうか。
運動が好きな子ならば待ち遠しかったでしょうね。
どうか、これからも順調に回復されることをお祈りしています。

No title

e-78通りすがりさま

お返事、ありがとうございます。

>私は決して娘さんの年齢での手術に反対という考えは持っていません。

通りすがりさんが、たくさん調べていらっしゃるのは、文面からもとても良く分かります。ですので、娘が手術に踏み切ったと言うのも、ご理解頂けていると思っていました。

>これだけ説明を受けていらっしゃるのなら、もう一言ずつ記事の中で説明していただきたかったです。
>このブログは側彎症患者さん以外の方の閲覧が多いですので余計に、もう一言欲しいと思ってコメントさせていただいたのです。

申し訳ありませんでした。初めて側わん症の記事を書いた時は、「このブログは、インコのブログなので、そんなに詳しく書かなくても…」と言う気持ちでした。でも、通りすがりさんに指摘されて、考えを改めました。仰る通り、あまり知られていない、誤解されやすい側わん症だからこそ、たくさんの人に正しく知ってもらうために、もっと詳しく書くべきでしたね。反省しました。

>一時的にすら治らず、悪化することもあります。

初めてコメントを頂いた時、すぐに厚生労働省のHPを見に行きました。整体をうけたその時に、真っ直ぐになっていたとしても、『治る』のではないのですよね。決して治る事はなく、悪化する事もあると言う事を、記事に書き加えておきます。私の認識不足で、不快な思いをさせてしまい、本当に申し訳ありませんでした。

娘の運動制限は、夏休みの健診の時に、次の段階への指示があります。日々、動作に気を付けていて、慎重に動いているようですが、レントゲンを撮るまでは安心できないようです。お気遣い頂きまして、ありがとうございます。

ブログ、開設されているんですね。今後の為にも、勉強させて頂きたいので、ご迷惑でなければ、教えて頂きたいな…と思いました。無理にとは言いませんので、お気になさらないでくださいね。

この度は、数々のご無礼、本当に申し訳ありませんでした。でも、ご指摘して頂いて、本当に感謝しています。ありがとうございました!

No title

訂正ありがとうございました。
キツイ言い方も失礼なことも申し上げて本当に申し訳ありませんでしたが、誠意ある対応をしてくださって感謝致します。

ブログはこちらです。
http://blog.livedoor.jp/kanna_phalaenopsis/
先天性なので参考にはならないと思いますし、あまり側彎症に関して説明している箇所は少ないので、こちらのリンク集のMy知恵袋(知恵袋にて側彎症の質問に回答しております。)を御覧になった方が良いかもしれません。
お時間のある時に訪問してくださると嬉しいです。

No title

e-78通りすがりさま

ブログを教えて頂きまして、ありがとうございます。早速、拝見させて頂きました。また、過去記事も読ませていただきました。
情報量の多さに、ただただ驚きました。通りすがりさんの努力や、御苦労、側わん症の患者さん達の気持ち、不安感等、分からなかった事もたくさんあり…「娘はあの時、こんな気持ちだったのかなぁ…?」と今更ながら、思い返しました。
上手く言えませんが…コメントをして頂き、正しい事を教えて下さりまして、本当にありがとうございました。
Secret

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

minn

Author:minn

小学生の頃から、文鳥、セキセイ、小桜、オカメ、カナリアなど、たくさんの鳥さん達と生活してきました。
現在、セキセイ、マメルリハ、小桜、サザナミ、アキクサ、オカメと暮らしています。
まだまだ分からないことばかりですが、大好きな鳥さん達との生活を楽しみたいです。
よろしくお願いいたします!

~~インコ達の紹介です~~

ソーダ(♂)@セキセイインコ 
071.jpg
2005年11月2日 
生後1カ月でショップよりお迎え

たくさんいたヒナの中から走り寄って来て、一番に噛みついてきた子運命を感じ、一瞬でこの子に決めました。メロンとの間に、3羽のヒナを授かりましたが…
2006年10月31日、突然の体調不良で、入院中に星になってしまいました。とてもおしゃべり&子育て上手な良いパパでした。


メロン(♀)@セキセイインコ
L04A0005_20120806162218.jpg
2005年11月2日
生後1カ月でショップよりお迎え

ソーダと一緒に我が家にやって来ました。初繁殖で、3羽のヒナを立派に育て上げた肝っ玉母さん最愛の夫に先立たれ、指を切断する事故にも負けず、今では孫にも恵まれて、とっても元気なメロンママです
2013年12月16日 高齢の為、プラケで療養していましたが、日に日に体力と食欲が落ちて来て、調子の良い日と悪い日を繰り返し、厳しい寒さも身体にこたえたようで…とうとう冬を乗り切る事が出来ませんでした。我が家で1番の年長さん、たくさんの思い出があったメロンを看取る事が出来なかった後悔が残ります。8歳2カ月でした。ラムネ、ライチ、ライムを産んでくれてありがとう。初めて繁殖を経験させてくれた子でした。

ラムネ(♀)@セキセイインコ
L04A0002_20120806162219.jpg
2006年8月3日産まれ

ソーダ&メロンの長女として産まれました。とても穏やかな性格の子で、食べる事が趣味…MAX体重49gと、メタボな為、日々ダイエットに勤しんでおります姪っ子誕生の際には、我が子のように、子育てに専念してくれた、本当に心優しい頼りになる長女です。*生後4歳半まで、♂だと思い込まれていた可哀想な子です…

ライチ(♀)@セキセイインコ
L04A0011_20120806162253.jpg
2006年8月5日産まれ

ソーダ&メロンの次女として産まれました。実の弟との、禁断の愛に陥り、おわんで抱卵開始…シングルマザーと言う過酷な環境にもめげず、めでたく1児の母に…それ以来、発情が止まらず、毎月のように産卵何をしても効果がなく、体力が心配される今日この頃…
2014年2月11日am8時35分頃、過発情→卵詰まり→卵管脱となり、病院で処置してもらい、順調に回復していた矢先…激しい換羽に見舞われ、どんどん体力が落ちてしまいあっと言う間にになってしまいました。いつかこんな事になる予感がしていたのに、防げなかった…ごめんね、ライチ。レタスを産んでくれてありがとう。

ライム(♂)@セキセイインコ
L04A0010_20120806162254.jpg
2006年8月8日産まれ

ソーダ&メロンの長男として産まれました。とどまる事のない発情…実の姉にまでも手を出し、1児のパパになるも、ネグレクト…最近では、ライチを捨てて、実母メロンや実娘にまで色目を使いだした、困った奴です。
2016年1月10日 度重なる激しい換羽に体力を奪われ、必死の看病も甲斐なく9歳5カ月でになってしまいました。明るい性格で、誰とでも仲良くしてくれたね。健康優良児だったライムが、まさか換羽で命を落とすとは…。身を持って換羽の怖さを教えてくれました。

レタス(♀)@セキセイインコ
L04A0007_20120806162217.jpg
2010年8月14日産まれ

ライム&ライチの長女として産まれました。「両親が姉弟」「父親の育児放棄」「おわんが巣箱代わり」と言う悪条件の中、無事に育つかどうか不安でしたが、ライチママの愛情と、ラムネ叔母ちゃんの協力で、スクスクと成長中レタスは強運の持ち主?大物の予感がします

柊(♂)@セキセイインコ
DSC_3536.jpg
2012年12月24日産まれ

ソーダ&メロンの血を絶やしたくないと言う思いから、レタスのお婿さんを探していたところ…長月さんのありがたい申し出により、めでたく婿入りしてくれた柊くんうちには初めての羽色の美しい子ですレタスを口説き落とす前に、父親のライムから責めると言う…高い頭脳の持ち主キンカチョウの鳴きマネが得意な子です

柚(♂)@セキセイインコ
DSC_1125.jpg
2015年3月31日産まれ
柊&レタスの二男として産まれました長男の櫻くんは、柊パパのお里・長月さんのおうちへ…とても陽気な性格で、柚と遊んでいると、可愛い~以外の言葉が出て来ないくらいの可愛い子フレンドリー過ぎて、アキクサやオカメにまでちょっかいを出し、ちょっぴりウザがられていますが、そこもまた可愛くて憎めない子です

マリン(♀)@マメルリハ
L04A0096_20101229230013.jpg
2007年7月25日
生後1カ月でショップよりお迎え

産まれて初めてみたマメルリハに感動一目ぼれして、即お迎えメタボの為、軽い肝臓疾患がありますが、投薬とダイエットの成果があり、今では37gに発情による毛引きのクセがありますが、こちらも改善に向かっています。
2011年7月20日
朝起きると、ケージの底でうずくまっていました。病院に連れて行きましたが、その日のうちに、家族に看取られて、星になってしまいました。キウイ、レモンと同様、原因は不明…。マメルリハの魅力を、たくさん教えてくれてた初めての子でした。

アクア(♂)@マメルリハ
L04A0092_20101229230014.jpg
2007年12月5日
生後1カ月半でショップよりお迎え

マリンのお婿さんとして我が家にやって来ました。「谷原章介」似のイケメンインコ自分の事を、セキセイインコだと思っているようで、ライムの事が大好き…お嫁さんのマリンと2度の繁殖に挑戦しましたが、2世は見れませんでしたマリン亡き後、プラムとBLの世界にどっぷりとハマり…可愛い女子をお迎えしたにも係わらず、抜け出せずにおります
2013年6月13日am5:03
私の手の中からマリンの元へ旅立って行きました。腹部が腫れが治まらなくて、レントゲン検査をしてもらい、「腺胃」の腫れが原因だと分かった矢先の出来事でした…。他のマメルリハより身体も大きく、みんなの頼れる優しいリーダーでした。


バニラ(♂)@マメルリハ
L04A0087_20101229225911.jpg
2008年6月7日産まれ

名古屋のブリーダーさんから、2008年7月20日にお迎えしました。初繁殖で、3児のパパになるも、一年中、頭をむしられている可哀想な子です本人は、さほど気にしていない…と言うか、喜んでる?本来は、とてもきれいなアメリカンホワイトなんですが…AGYの治療も頑張って、完治させました一番小柄ですが、とても元気で陽気な子です

ミント(♀)@マメルリハ
L04A0086_20101229225911.jpg
2008年5月20日産まれ

バニラと同じく、名古屋のブリーダーさん出身。水浴びが大好きな、とても大人しい子です。バニラととてもラブラブで、頭の羽根をむしってしまう程、大好きなようです子育て上手で、息子達からもモテモテなママバニラ同様、AGYを完治させた我慢強い子です
2014年4月24日am8時45分
お腹に溜まった腹水が原因で星になりました。AGYにも卵管脱にも負けなかったとても我慢強い子でした。バニラとの間に10羽の子供を残してくれたゴッドマザー。今の我が家があるのもミントのおかげ…。大人しい子でしたが良妻賢母で、存在感の大きな子でした。

キウイ(♂)@マメルリハ
L04A0010_20101003000349.jpg
2009年4月13日産まれ

バニラ&ミントの長男として産まれました。長男らしく、しっかりした性格で、いつも一歩下がって弟達のお世話をしていた、優しいお兄ちゃんAGYに母子感染していて、治療に専念。完治したものの、内臓に負担がかかっていたようで、次第に元気がなくなり…
2010年11月17日
入院先の病院で星になってしまいました。AGY治療の難しさを教えてくれた子でした。

レモン(♂)@マメルリハ
L04A0084_20101229225802.jpg
2009年4月15日産まれ

バニラ&ミントの次男として産まれました。鮮やかなアメリカンイエローに、感動八方美人な性格で、兄弟から好かれています。産まれつき、爪が1本欠けていますが、それ以外はとっても元気な王子様的存在ですAGYも完治させた、頑張り屋さんです
2011年7月10日
原因不明の体調不良により、あっという間に星になってしまいました。自宅で逝かせてあげれて、本当に良かった…。最期の瞬間まで、本当によく頑張りました。

プラム(♂)@マメルリハ
L04A0082_20101229225803.jpg
2009年4月15日産まれ

バニラ&ミントの三男として産まれました。産まれつき、足の形が変形していて、少し不自由そうですが、日常生活には問題なく、小さな身体とは正反対の、負けん気の強さ同じく、AGYを完治させた最強な末っ子ですレモンの事が大好きで、ラブラブモード…男の子同士なので、大目に見ていましたが、大好きなレモンに先立たれてしまい…お嫁さんのお迎えを考えていた矢先、同じく1人身になってしまったアクアとラブラブに…根っからの男好きのようです

サフィ(♀)@マメルリハ
DSC_2877.jpg
2011年12月19日
生後約1カ月でショップよりお迎え

1人身になってしまったアクアとプラムに、お嫁さんを探していた時に、某ショップにて運命の出会いブルーファローの羽根色、ぶどう色の目に秒殺、一目惚れをしてしまい、即お迎えお婿さん候補は選り取り見取り、ハーレム状態のサフィですが、自分を人間だと思っているので、誰とも仲良くできません


ハニー(♀)@マメルリハ
L04A0015_20120408163441.jpg
2012年2月6日産まれ

バニラとミントの長女としておわんで誕生とっても大きな目で、天真爛漫な美少女インコちゃん何事にも動じることなく、弟達を引っ張って行く頼りになるお姉さんです。ハニーのお相手は、必然的にアクアしかいないのですが、肝心のアクアがBL街道まっしぐらなので、大きなオメメのキラキラビームでアクアを悩殺しちゃって欲しいです
2015年11月12日
亡くなる当日の朝まではいつもと変わらず元気だったのに、夕方に変わり果てた姿のハニーを発見しました。本当に突然の別れて、受け止めるのに時間がかかりました。9月の終わりから10月中旬にかけての育雛を終えた矢先の出来事でした。アクア亡き後ソルトとペアになり、可愛い3兄弟を遺してくれたハニー。とっても美人でミント譲りの優しい性格の女の子でした。

ディル(♂)@マメルリハ
L04A0011_20120408163442.jpg
2012年2月7日産まれ

バニラ&ミントの四男としておわんで誕生初めての赤目ちゃんだったので、誕生した時はとても驚きました黄色い羽根色にブルーのアイシャドウが、とっても綺麗な美男子でございますマイペースな草食系男子で、単独行動をしている事が多いですが、密かにサフィに想いを寄せているみたいです上手くカップルになってくれるといいなぁ

バジル(♂)@マメルリハ
L04A0012_20120408163442.jpg
2012年2月8日産まれ

バニラ&ミントの五男としておわんで誕生とっても元気で、自己主張の強い甘えん坊…根っからの末っ子ちゃんでございますとても人懐っこくて、お兄ちゃんのディルとは正反対の肉食系男子半ばストーカーのように(笑)先住のサフィに、ガンガンアタックしていますバジルの初恋は実るのでしょうか…?

アロエ(♀)@マメルリハ
L04A0117_20120803140013.jpg
2012年5月5日産まれ

バニラ&ミントの二女としておわんで産まれ育つとても人懐っこい子で、1番の仲良しさんは一緒に育ったコザクラインコのあんずちゃん最近は、実兄のバジルと共に行動をすることも多く、ちょっぴり怪しい雰囲気…バジルに会えるのは、放鳥中だけなので、仲良しの兄妹のままでいてもらいます

わさび(♂)@マメルリハ
L04A0114_20120803140014.jpg
2012年5月8日産まれ

バニラ&ミントの六男としておわんで産まれ育つ控えめな性格で、売られたケンカも買わず、自らケンカを売ることもなく…誰とでも仲良くできて、協調性のある空気が読める子です優等生すぎて、ちょっぴり影が薄い…と言われる時もありますが、大物になりそうな予感がしてなりません

ミモザ(♀)@マメルリハ
L04A0122_20120803140055.jpg
2012年5月9日産まれ

バニラ&ミントの三女としておわんで産まれ育つ産まれた直後、2度にわたり、おわんから落とされてしまいましたが、運良く発見が早く、無事に成長する事ができました。シャイな一面もありますが、気付くと頭や肩に乗って、存在感をアピールするちゃっかり者控えめでクールビューティーな女の子です。


シナモン(♀)@マメルリハ
L04A0001_20120902140234.jpg
2012年5月11日産まれ

バニラ&ミントの四女としておわんで産まれ育つ産まれつき左足が不自由で、兄弟よりも小さい身体ですが、持ち前のガッツと明るさで、普通にケージでの生活が出来るまでに成長しましたたまに止まり木から落ちてしまう事もありますが、元気いっぱいの可愛い女の子です

ソルト(♂)@マメルリハ
DSC_3245.jpg
2013年5月15日産まれ

KOOFARM出身とっても可愛い甘えたな男の子ですまだ幼いので、年上のマメ女子達からは見向きもされていませんが、近い将来、誰かのハートをキャッチするのは間違いないでしょうとっても知的な顔つきで、見つめられると全てを見透かされているような感じがします誰とくっつくのか楽しみです

ソイ(♂)@マメルリハ
DSC_1048_2016041720131315f.jpg
2015年9月29日産まれ
ソルトとハニーの長男として産まれましたハニーに良く似た大きなオメメに見つめられると、吸い込まれそうになります自分が可愛いと分かっているらしく、スマホを向けるとポーズをとってくれるスーパーモデル長男らしく、弟達の面倒を良く見てくれる世話好きな優しい子です

ビーン(♂)@マメルリハ
DSC_1029_20160417201233f98.jpg
2015年10月1日産まれ
ソルトとハニーの二男坊として産まれましたねぇね曰く、3兄弟の中で1番利口な子運動神経も1番良くて、壁に止まる離れ業をやってのけるのはビーンだけパーフェクトバードと言っても過言ではない(?)程、非の打ちどころがない子です

コーン(♂)@マメルリハ
DSC_1060_20160417201350ec8.jpg
2015年10月5日産まれ
ソルトとハニーの三男坊として産まれました少し成長が遅くて心配しましたが、立派なマメルリハになりましたみんなに甘えて愛されて…典型的な末っ子気質。常に兄達に挟まれて、幸せそうにしています目もとに亡きミントの面影がある子です

マロン(♀)@コザクラインコ
L04A0078_20101229225651.jpg
2008年10月17日
生後1カ月半でショップよりお迎え

母への誕生日プレゼントとしてお迎えしましたが、先住のオカメさんとの相性が悪くて、嬉しい出戻りめでたく(?)我が家の「女帝」として君臨していますたまに、産卵トラブルにあい、病院のお世話になっていますが、なんとか切り抜け、日々暴君っぷりを、発揮してくれています3羽の子供達にも恵まれて、幸せな日々を送っていると思います

パセリ(♂)@コザクラインコ
L04A0084_20120919133309.jpg
2009年3月1日
生後1カ月でショップよりお迎え

「マロンにお友達をっ」と言う、ねぇねの強い要望にて、お迎えしました。お友達のはずが、旦那様になってしまい(笑)、今ではすっかり、マロンの尻に敷かれている良き夫に…コザクラインコなのに、何をしても噛むことはありませんとても優しい性格の子なので、女帝マロンの旦那さんには、パセリしか考えられない…来るべくして、うちの子になりました

セロリ(♀)@コザクラインコ
L04A0079_20120919133246.jpg
2012年2月18日産まれ

パセリ&マロンの間に産まれました育雛中、マロンに筆毛を噛まれて出血していたので、早めに巣上げをして、マメルリハの3兄弟と一緒に成長した為、常に行動を共にしておりましたが…最近では自分をコザクラインコだと気付いたようで、ディル以外のマメルリハ達を蹴散らすようになってしまいました気は強いですが、カキカキにはめっぽう弱い単純な子です

あんず(♂)@コザクラインコ
L04A0082_20120919133245.jpg
2012年5月2日産まれ

パセリ&マロンの間に産まれましたセロリ同様、5月産まれのマメルリハ兄弟達と一緒に育ち、完全に自分をマメルリハだと思い込んでいましたが、コザクラチームと放鳥するようになると、目が覚めました(笑)羽根色はマロンに似ていますが、性格はパセリそのもの幼少期には『ブサカワちゃん』や『野口さん』と呼ばれていましたが、愛嬌のある可愛い子になりました

ザクロ(♀?)コザクラインコ
DSC_1070_20160206173818fca.jpg
2015年6月15日産まれ

セロリとあんずの子供として産まれましたレタス@セキセイに続き、両親が姉弟&おわんで育った強運の持ち主です。カキカキして欲しいクセに上手く甘えられず、思わずガブリとしてしまう不器用な性格ツンデレなザクロが、時々見せてくれる「デレ」な一面にメロメロな飼い主なのでありました

瑠璃(♂)@サザナミインコ
L04A0073_20101229225700.jpg
2009年12月13日産まれ

2010年2月6日に、のぶやんさんから里子としてお迎えしました。私の中のインコ像を覆す(?)大物&鈍くささっぷりで、愛嬌をふりまいてくれていますお嫁さんの琥珀ちゃんをお迎えするまでは、「瑠璃ちゃん、瑠璃ちゃん」と言いながら、自分の足に吐き戻しのプレゼントをしていましたが、今ではすっかり琥珀ちゃんとラブラブになりましたいつかは、2世の顔を見せて欲しいです 

琥珀(♀)@サザナミインコ
DSC_3337.jpg
2011年4月26日産まれ

瑠璃ちゃんのお嫁さん候補として、2011年6月4日に広島のRamonaさんのお宅から、里子にお迎えしましたさすがに、ふーちゃん、ブルマちゃんのお子様だけあって、天真爛漫物怖じない、明るい性格です冨士夫パパ似の、シュッとした口元と、ブルママ似の、大きなオメメで、瑠璃ちゃんを虜にしてしまいました初めての巣引きで、10個もタマゴを産みましたが、全部無精卵と言う結果に終わりましたが、次回に期待です

花梨(♀)@アキクサインコ
DSC_2808.jpg
2013年5月9日産まれ

KOOFARM出身我が家の初アキクサインコ可憐で上品な外見と、控えめな性格…。我が家には初めてのタイプの花梨ちゃんお転婆&暴君が多い我が家のインコ達の、良きお手本になってもらいたい…常に肩でまったりしているとっても可愛らし子です

チップ(♂)@アキクサインコ
Bil88-6CMAEqm8Q.jpg
2014年3月2日お迎え(推定1歳~1歳半)

花梨ちゃんに、年齢の近いノーマルのお婿さんを探している時に、ぷっちぃさんの紹介で運命の出会いをしましたとても人懐っこい子で、花梨ちゃんともすぐに打ち解けて、今では毎日胸を張って花梨ちゃんにもうアピールをしてくれています鳴き声もとても心地よく、歌の上手なイケメン男子です

伽羅(♂)@アキクサインコ
DSC_3424.jpg
2014年2月23日産まれ

ぷっちぃランド出身ねぇねがファローのアキクサインコに惚れ込んだ時に、タイミング良くお迎え出来た運命の子甘え上手で、先住の花梨&チップともすぐに仲良くなってくれました特にチップくんの事が好きなようで、鳴き声を真似したりカキカキしてあげながら、積極的にアピールしています(笑)セキセイさん達とも仲良く出来る、鳥見知りをしない天真爛漫な子です

芙蓉(♀)@アキクサインコ
DSC_0675.jpg
2013年5~6月頃産まれ

ぷっちぃランドより、2015年4月29日にお迎えしました小柄で女の子らしい控えめな性格ですが、芯はしっかりしている子です水浴びが大好きで、時々オカメヘアーになって、私達を笑わせてくれる事も…近頃は、飛んで肩に乗って来るようになり、ハートを鷲掴みされております

桔梗(♂)@アキクサインコ
DSC_1138_201603201535228ab.jpg
2015年6月3日産まれ

ぴーちゃんハウスよりお迎えぴーちゃんハウスさんのブログを見て、桔梗の可愛さに一目ぼれトントン拍子に話が進み、我が家の子になりました可愛いルックスなので、女の子だと思い込んでいましたが、求愛ポーズで男の子だと判明。花梨と芙蓉の間で揺れ動いている最年少美男子です

ココナ(♀)@オカメインコ
DSC_1219_20160320154054a08.jpg
2014年3月24日産まれ

ぷっちぃランドより、2015年4月29日にお迎えしました大きなオメメな美人さんカキカキ大好きっ子で、身動きが取れなくなる事数知れず…人の姿を見るとケージの中でソワソワしている、とって分かりやすい性格頭に止まろうとして、時々顔面に直撃してきたり…(笑)と~ってもキュートな子です

ジャスミン(♀)@オカメインコ
DSC_1216_201603201540497ad.jpg
2014年4月17日産まれ

ぷっちぃランドより、2015年4月29日にお迎えしまし見た目も性格もクールビューティーな女の子放鳥時は肩の上が定位置です。トイレに行かせてもらえないのが玉にキズ…少しシャイな性格ですが、近頃はカキカキも許してくれるようになりましたこれからもっと心を開いてもらえたらいいなぁ

検索フォーム

twitter

最新記事

最新コメント

リンク

お気に入りのお店

羊毛フェルト&ビーズストラップ工房 小鳥屋さん        朝日商事             とりみカフェ            ぴろりふぁーむ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。